So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

フィリピン 通信会社2社独占状態に中国企業が進出!? [生活]




スポンサードリンク



フィリピンでの通信業界は現状、アヤラグループの「グローブ」とPLDT傘下の「スマート」の2社の独占状態になっています。

new-china-mobile-logo.jpg

その他もTM、SUNなどの電話会社がありますが、どちらもTMはグローブのグループ、SUNはスマートのグループになっているため実質は2社独占状態です。

政府も2社独占状態は、企業間の競争力が低く、サービスの向上につながらないと懸念しており、第三の企業の進出を望んでいます。

そんな中、中国の 「China Mobile」がフィリピン進出に興味を持っており、フィリピン政府関係者によると進出を検討しているとのことです。

「China Mobile」は携帯電話の契約数が8億4900万回線と世界最大の通信関連会社です。この会社がフィリピンに進出となれば2社独占状態は崩れ、サービスの向上につながりそうですね。

実際に進出が決まったとしても、色々と時間がかかるのがフィリピンなので、まだまだ先の話になるかもしれませんが、ぜひ進出してきてほしいですね。

ランキングに参加してが、伸び悩んでます。。。協力していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の1件 | -
スポンサードリンク