So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

フィリピン 名門サントトマス大学の新入生が死亡。。。社交クラブの闇。。。 [生活]




スポンサードリンク



9月17日にサントトマス大学の法律学科の新入生が、マニラ、トンドの路上に倒れているのが発見され、病院に運ばれましたが1時間後死亡が確認されました。

Aegis.jfif

亡くなられたのは22歳の男性で、サントトマス大学を拠点とする法律友愛会(社交クラブ)に勧誘され、参加を決意し、土曜日に大学敷地内にて宿泊を含む入会式に参加しました。

しかしその後、学生が家に帰ってくることはなく、学生の腕には殴られた跡、全身にはロウソクのロウをたらされた跡があったとのことで、入会式でのシゴキ、イジメが原因ではないかと疑われています。

この社交クラブは「Aegis Juris Fraternity」という名前で、創設は1979年と歴史があり、法律の盾という意味があります。学内の偉い方もメンバーになっており由緒あるクラブです。

モットーは、「正義に反することはせず、不平は許さない」ですが、今回この事件を受けて、大学側は「Aegis Juris Fraternity」メンバーへの大学施設の使用、授業への参加を禁止することを決めています。

また今回の事件への徹底的な調査をすることを発表しており、事件の全容を明らかにすることを明言しています。。

日本にはあまりなじみのない「Fraternity」ですが、アメリカの影響を強く受けているフィリピンにはあるようで、以前にもこういった問題があったようです。

両親も心配で入会を辞めるように話したようですが、本人はそういったことは起きないから大丈夫と話しており認めてしまったようです。社交クラブへの入会、入会式への参加を許可したことをひどく後悔されています。

フィリピンでもこういったイジメ的なものはあるんですね。。。学生のご冥福をお祈りいたします。

ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の1件 | -
スポンサードリンク