So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン 市長を含む15名が麻薬捜査の急襲で死亡。。。 [生活]

スポンサードリンク



ドゥテルテ大統領が協力に推し進めている「麻薬との戦争」ですが、引き続き多くの死者を生み出しています。。。

6cd62f93a3cf4e7daebf44f83c59180d_18.jpg

7月30日の日曜日、ミンダナオ島のOzmizにて市長のReynaldo Parojinog氏を含む15名が警官隊の襲撃を受けて死亡したとの事です。

市長のReynaldo Parojinog氏は2016年8月にドゥテルテ大統領が発表した「麻薬取引に関与しているリスト」に
名前を載せされていた一人です。このリストは150名以上の名が記載されているようです。

Reynaldo Parojinog氏はすぐに麻薬関与を否定しており「15年以上、Ozmiz市の発展に尽力してきて、ドラックの排除にも貢献してきた」と発言しています。

急襲された自宅からは、違法薬物、ライフルなどの武器、現金が見つかったとの事で、警察側は麻薬取引に関与していたとしています。

ただ踏み込む際にCCTVカメラでの録画をしておらず、一部で問題視されています。。。なにかやましい事があったような気がしますね。。。

麻薬との戦争で市長が殺害されたのは今回で3人目です。やはり一部政府関係者が麻薬取引で私服を肥やしているというのはあるかも思いますが、慎重に捜査してほしいですね。。。

個人的には完璧に証拠をそろえて、きちんとした形で法廷で裁かれるようにした方が良いとは思いますが、なかなかそうもいかないのかもしれませんね。。。



ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

スポンサードリンク