So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン 麻薬との戦争で、警察が32名殺害。。。ドゥテルテ大統領は「Maganda」とコメント。。。 [生活]




スポンサードリンク



フィリピン国家警察(PNP)によると、8月15日にブラカンにて行われた麻薬ディーラー掃討作戦「One Time Big Time Operation」にて32名を殺害、109名を拘束したのとのとです。

image.jpg

麻薬以外にも、違法な武器や手榴弾などを保有している違反者などの取り締まりも行ったとの事です。32名が死亡しましたが、これは1日で殺害された最高記録となってしまいました。。。

これに対して本日、ドゥテルテ大統領はタガログ語で「Maganda 'yun」と発言したとの事です。英語ですと「That’s good」と訳されていたので、「それは良かった」と発言したようです。

また「毎日32名殺害できればこの国の病気を改善できるだろう」とも発言して、今後も強固な姿勢で対応していくようです。

ローカル政府組織には「もしあなたが管轄の市で麻薬を規制できないのであれば、あなたの権限を停止させます。そしてあなたに警察を指揮する権限を返すことはありません」と同様に強固な姿勢で対応するように指示しています。

麻薬との戦争は、終わりがないような気がしますが、これによって治安が良くなったという人も多くおり、フィリピン国民からは指示されているようです。

ただ国際人権団体などからは、引き続き批判されるかとは思いますが、ドゥテルテ大統領は気にせず、引き続き強固な姿勢で推し進めていきそうですね。

フィリピンから麻薬がなくなる日がくるのでしょうか。。。


ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク