So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン 中国人も到着時に観光ビザ発行対象になる。。。入国者数は日本人より多い。。。 [生活]




スポンサードリンク



フィリピン観光省(DOT)によると、中国のパスポート保有者も、日本パスポート同様に到着時に観光ビザが発行されることになりました。

article-urn publicid ap.org 0cae232be54643eea4d6b9d5a77fe5d3-7MptiNGzOe2c92c7f4177d103d3-117_634x422.jpg

ただすべての旅行者が対象になるわけではなく、観光省に登録された旅行会社のツアーに参加していること、フィリピンに投資をする人、スポーツなどの大会に出場する代表者など制限があります。

近年増えている中国人観光客をより増やす政策として、事前ビザを廃止して、便宜を図りさらなる観光客の誘致に力を入れたいようです。

2016年度の中国人のフィリピンへの渡航人数は675,663名、2015年度は454,962名だったので前年度比で37.65%も増えております。

中国が台頭するまでは、国別入国者人数で1位韓国、2位アメリカ、3位日本が通例だったのですが、今では3位中国になってしまい、この処置でさらに差が広まってしまいそうですね。

中国の場合は政府の意向が強く、もし二国間の関係が悪くなってしまうと、自国民に渡航を自粛するように指示がでるのでいきなり減ってしまう可能性はあります。

最近はオンラインカジノなどで、かなりの中国人の方がフィリピンで不法に働いているなんて話もあるので、それがエスカレートしなければよいのですが。。。

フィリピン観光省としては2017年度にて、700万人の観光客獲得を目標にしており、1月から6月までの半期実績として、3,357,591名と若干半分に届かない結果を残しています。

この政策が中国人の来比に拍車をかけて、目標が達成できると良いですね!!


ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク