So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン 麻薬との戦争、警官が17歳の少年を殺害する。。。冤罪の可能性あり。。。 [生活]




スポンサードリンク



8月18日深夜、カローカンにて警察官が17歳の少年を殺害したことが問題視されています。警察によると少年は麻薬の運び屋だったとのことです。

philippines-drug-violence-91002-jpg.jpg

殺害した警官によると、少年は警官がアプローチすると逃げ出し、持っていた銃を発砲してきたため、やむなく射殺したと証言しています。

ただ家族などの証言によると少年は武器を持っておらず、CCTVカメラの映像で警官二人に抱えられて暗闇に連れていかれる様子が映っている映像があり、警察の証言が疑問視されています。

フェイスブックなどに投稿されている情報によると、少年が「やめてくれ!やめてくれ!明日テストがあるんだ」と叫んでいるのを聞いたという証言もあります。

また少年は、麻薬には一切かかわっておらず、学費を稼ぐためにキャンデイなどを売っていたり、将来の夢は警察官になることだったとの事です。

カローカン警察は、少年は当日急襲する麻薬密売人などのリストに名前はなかったが、別リストに麻薬の運び屋として記載されていたとも発表しています。

麻薬との戦争に関しては概ね賛同する意見が多かったですが、今回17歳の少年が殺害されたことに関しては問題視する声が大きくなってきています。

やはり、きちんと捕まえて、きちんと取り調べをして裁かれる方がこういった悲しい事件が起きなくなるので良いかもしれませんね。

死刑が認められていない国で、大統領が超法規的殺人を容認している時点でおかしな気もしますが、今後こういったことが起こらないように何かしらの対策がされることを祈るのみですね。。。

亡くなられた少年の冥福を心からお祈りいたします。




ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク