So-net無料ブログ作成

フィリピン 犯罪被害が減少、でもまだ安心できない心境。。。 [生活]




スポンサードリンク



フィリピンの調査会社Social Weather Stations (SWS)が行ったアンケートによると、2017年の第二四半期は犯罪被害は減ったが、いまだ犯罪被害にあうかもしれないという恐怖心は変わらずあるとのことです。

20120915-DSC04422.jpg

アンケートはSWSが1,200名に対して対面調査を行った結果で、強盗やひったくりなどの被害にあった統計結果は3.1%とのことで、約70万6千世帯と推定されました。

これは2017年第一四半期の6.3%、2016年第四四半期の4.5%からも減少している結果です。2017年第一四半期はなぜが上昇していますが、今回は2016年度に比べても減少しています。

安全ではないと感じていると回答したのは、62%に上り、2017年3月の65%から比べて若干減少していますが、いまだ恐怖を感じている状態です。

またドラック(麻薬)に関してのアンケートも行われており、麻薬中毒者は54%と2017年第一四半期の65%から11%減少したとのことです。

だたこのパーセンテージが何を意味しているのか良くわかりませんでした。使用しているパーセンテージですと
高すぎますし、麻薬を使用した人の中で中毒になった割合なのか。。。謎です。。。

どちらにしても麻薬中毒者の数は減っているとのことなので、ドゥテルテ大統領が推し進める、麻薬との戦争の成果が出ているのではないでしょうか?

これだけやって結果が出ないわけないので当然といえば当然の結果なのかもしれませんね。引き続き治安が良くなり安心して暮らせる国になることを祈りたいですね!!


ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク