So-net無料ブログ作成

フィリピン マカティのイエローカードって?? [生活]

スポンサードリンク



マカティ限定になってしまいますが、イエローカードってご存知でしょうか?イエローカードとはフィリピンには珍しいシステムで高齢者や障碍者などが保有でき薬などを安く購入することができます。

makati-city-yellow-card.jpg

Makati Health Plus Progarm(MHP)別名イエローカードと呼ばれております。フィリピンにも健康保険的なものはありますが、補償額は微々たるものであまり役には立っていないようです。。。

国立の病院などに行けば治療費は安いようなんですが、私立の病院に行けば結構な金額になるので有名病院などにはお金持ちしか行くことができないのが現状です。

そんな中、マカティ市ではイエローカード予算を毎年上げており、本年度は6億ペソの予算でしたが、さらに増やし30%アップ、9億ペソの予算に増やしたとの事です。

このプログラムは2013年から開始され、最初は5,900万ペソの予算で始まっているので、かなりの規模で増加していますね。。。

現在イエローカード保有者は232,672名で、そのうち高齢者は42,335名、障害者171名、その他はマカティにある政府組織で働いている人とのことです。

その他には他の市に住んでいる人も含まれているため、詳細な人数はわかりませんが、マカティにある政府組織で働いている人がかなり多い気がしますね。。。

数字だ見るとちょっと市役所職員の福利厚生的な意味合いが強いのかと思ってしまいますが、どうなんでしょうか?

実際に高齢者にとってはありがたいプログラムだとは思うのですが、そこに政府組織で働いている人を入れるのがなんともフィリピンっぽいですね。。。



ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
スポンサードリンク