So-net無料ブログ作成

フィリピン 来季の国家予算、人権部門の予算はP1,000だけ割り当てられる?? [生活]




スポンサードリンク



フィリピンの2018年度の国家予算に関してですが、人権部門(Commission of Human Rights)に割り当てられた予算が1,000ペソのみと話題になっています。。。

duterte-andanar-chr-20170221_BC07F611BA5742A182C5B91BEDBDA6DC.jpg

今年の人権部門の予算は7億4,900万ペソ、2018年は約2倍の予算を希望していたようですが、実際に割り当てられた予算は1,000ペソのみと完全に不要とされてしまったようです。

予算を組んでいる担当官によると、人権部門は何も仕事をしていないため予算はさけないと話しているようです。。。

確かに人権部門は1987年以降、新たな法律を制定していないという事実もあり、政府側は機能していないと判断しているようです。

ただドゥテルテ大統領の超法規的処置などにより、国際社会からはかなりの批判を浴びているため、この状況で人権部門に予算を与えないとなると、ドゥテルテ大統領の強固な意志をくみ取ることもできそうですね。。。

また、麻薬使用者のリハビリテーション施設への予算も75%カットしており、更生させるつもりはなく、殺してしまえという考え方なのでしょか?

これが変な方向にすすみ独裁政権などにならないことを祈るのみですね。。。

ランキングに参加していますが、伸び悩んでます。。。応援していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
スポンサードリンク