So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

フィリピン 麻薬おとり捜査でマカティのクラブで123名が拘束される。 [生活]




スポンサードリンク



先週の土曜日11日に、大規模な麻薬捜査がマカティのクラブ「TIME BAR」にて行われました。従業員も含めて123名が一時拘束されたとのことです。

met1-drug-raid-foreigners-suspects_2018-08-11_20-40-41.jpg

TIMEはマカティのブルゴス近くにあるクラブで、マカティアベニュー沿いにあります。日本人DJをたまに出演しておりマカティでの人気のクラブです。

今回はクラブにいた57人の外国人と66人のフィリピン人が一時拘束されたとのことです。警察に「TIME BAR」が麻薬の取引場所になっているとい情報があったようです。

おとり捜査ではエクスタシーやコカインなどの見つかったようなので、このクラブが受け渡し場所になっていたのは間違いないようです。

麻薬を使用していない人たちは事情を聴かれた後、解放されたようですが、もしただ単にクラブに遊びに行っていて警察の手入れが入るかもと思うと悪いことをしていなくてもちょっと怖いですね。。。

しばらくクラブには行かないほうが良いかもしれませんね。。。

ランキングに参加していますが、伸び悩んでいます。。。協力していただけましたら幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 フィリピン情報



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の1件 | -
スポンサードリンク